Just so Happens

フミオ・オバタ氏の漫画 Just so Happens を初めて立ち読みした時に心奪われて、買おうと決めていた。その時は少し高額な本を他に買ってしまっていたので躊躇していたけれど、先週漸く買う事ができた。

改めて自分の物として手にとって読む本を改めて好きだと感じた。流れる様な話、それに柔らかい線と暖かな色合いが素敵で次々とページを捲りたくなるけれど、1ページだけじっくり眺めるのも好きだ。

主人公が日本に対する想いを読んでいると、心に何かが深く沈んで行った気がした。なぜかそれが名残惜しく感じて、また本を開いて読み返してしまう。

今、その本は私の枕元にある。腰から下を布団に埋めながら読むのがとても心地よい。